北川村の古道を歩いて…

北川村の古道を歩いて…

2月19日~21日の3日間に渡り、北川村の古道を歩いてきました。

今回は自由参加という形で、のんびりと北川村の古道を楽しんできました(^〇^)

 

今回歩いたのは、中岡慎太郎の「向学の道」、お弓祭りで有名な「星神社へ向かう古道」

         「魚梁瀬森林鉄道北川村内支線跡」の3箇所です。

「向学の道」は、1時間半程度で歩くことができる、山登り初心者にオススメの道でした。

  こちらが「向学の道」頂上の写真になります。            竹林があったり、川や家々が見渡せるような眺めのいい場所も沢山あるので、

                                          きっとお気に入りの景色が見つかりますよ。

 

                                     「星神社へ向かう古道」は、息があがるほどきつくて、これぞ山登り!といった険しい道のりでした。

                                     浜渦さんの道案内と、道中で木を切って作ってくれた即席の杖がなければ歩ききれなかったです(笑)

                                     昔はみんな、こんなに険しい山道を重い荷物を抱えて上り下りしていたなんて本当にすごいな、

                                     と過去の人々の暮らしに思いを巡らせながら歩きました。

 

                  「森林鉄道跡」は、北川村内で数多く見ることができることが分かりました。

                  当時を知らない私にとっては、どこか遠い存在だった森林鉄道ですが、

                  軌道跡や昔の村道跡を辿って行くと、かつて林業が盛んでとても賑やかだった時代の名残を身近に感じることができました。

 

  3日間を通して古道を歩いたことで、少しだけ昔の人々の暮らしに触れられたような気がします。

  今回道案内や解説をしてくださり、沢山の思い出話を聞かせてくださった北川村の方々、本当にありがとうございました。

  北川村でのフィールドワークはこれが2回目でしたが、また新しい魅力が発見できて、自分自身とても満足しています。

  すっかり花粉症になってしまいましたが、くしゃみと鼻水に負けず、今回学んだことを次にいかせるように頑張ります(笑)

                            

                                                                                    3回生 谷岡美咲