参加学生からの活動報告 2012

【第1回フィールドワーク  2012.6.30】


初!北川村!!

2012年07月04日 01:12

今回初めて行かせていただいた北川村!本物の自然はこれか\(゜ロ\)(/ロ゜)/と驚きました。

マイナスイオンをたくさん吸ってリフレッシュもできました♪

そして今回中岡慎太郎館とモネの庭をお邪魔したのですが、ナビゲートしていただいた方がとても個性的で、楽しく中岡慎太郎についてより学ぶことができました。



この右上の方が最高に楽しいナビゲーターです!


モネの庭は今回雨だったのですが、

花の咲いていない風景も風情があってとても癒されましたし、晴れた日にはあじわうことのできない静けさのようなものを感じることができました。



みなさんも、梅雨の時期だからこそいつもとは違う顔をみせている北川村に一度足を運んでみてはいかがでしょうか(^o^)                           2回生 せな     


北川村でーーー!

2012年07月04日 21:29

6月30日、飯高先生のフィールドワークに参戦いたしました!午前中は中岡慎太郎館にて豊田さんにお話をお伺いしました♪慎太郎自身の歴史はもちろんですが、歴史的遺産などについて語る豊田さんはとても輝いてて

かっこいいなと思いました!!


(吉川のPCスキルでは写真をたてにできませんでしたw)

午後に訪れたモネの庭では川上さんにお話をお伺いしました。高知県民なので、モネの庭には二回ほど行ったことがありました。しかし、これまでは気分転換や祖父母とのおでかけで”モネの庭”としてではなく”きれいな庭”として見てきました。

今回のフィールドワークを通じて管理者側からの目を介すことにより、今までと違う視点でみることができました!

今月半ばに、もう一度行こうと思います♪

 

2回生 吉川



人生初★北川村

2012年07月05日 14:30

先月30日に、私が受講しているフィールドワークの一環で、北川村へ行って参りました!タイトルにもありますが、実は私北川村へ行ったのは今回が初めてでした。

(一応高知県民なのに・・・笑)

前々から行ってみたかったモネの庭にも行けるということで、わくわくしつつバスに乗り込みました♪

まずは、中岡慎太郎記念館&慎太郎の生家へ。

記念館・生家共に、観光客目線で見ると少々気になる点がいくつかありましたが、記念館の展示内容自体は素晴らしいものでした。それに、解説をして下さった学芸員の方がとても愉快な方で、面白かったです(笑)

そして次は待ちに待ったモネの庭で、まずは腹ごしらえです。

おしゃれすぎて、どこからどうやって手を付ければ良いのかわかりませんでしたが、もちろんおいしくいただきました。

そして昼食の後は、各自自由に園内を散策しました。

←モネの庭にて、可憐な白い花を眺める可憐な少女(十川氏)を激写しました(笑)

 モネの庭は私が想像していた以上に良いところで、長居していても飽きないなと思いました!

それに、モネの庭が北川村につくられることになった経緯や、モネの庭ができたことによる北川村の変化、日本のモネの庭の独自性など、様々なお話が聞けてとても勉強になりました。

やはり何事も角度を変えて、いろいろな視点で考えるということが大事なのだということを改めて感じた一日でした。

以上、フィールドワークin北川村、初日の感想報告でした。

3回生 片倉


北川村に潜入ーーっ!!!

2012年07月06日 23:46

私たち高知県立大学文化学部生は、先月30日に北川村にある「中岡慎太郎館」と「モネの庭」に伺わせていただきました。

皆さんは「北川村」と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか?

(中岡慎太郎館から見た村の風景!!)

私は、北川村と言えば、「ゆず!!」という印象が強いのですが、そう思う方もたくさんいらっしゃると思います。

実は、今では北川村の特産物となった「ゆず」は、中岡慎太郎によって推奨されたのです!!

当時、飢えをしのぎ生き延びるための方法として考えられたのがきっかけで、それ以来積極的にゆず栽培が行われてきました。

そして現在では、北川村のゆずを使った多くの特産品が、スーパーなどに並べられていますよね!北川村の自慢ではないでしょうか?

中岡慎太郎は、「幕末の志士」として教科書などに紹介されていますが、このように「今」に残るような特産物を作り出していたとは、驚きました。

 そして次に北川村にある「モネの庭」について書かせていただきたいと思います。 私は高知県出身でありながら、初めての「モネの庭」でした。

以前、パンフレットなど写真を通して見たことはありましたが、実際自分の足で歩いて見てみると、庭はとーっても広くて多くの花が目に飛び込んできました。

もともと、フランスのモネの庭に似せてつくる予定だったそうですが、フランスと高知の気候の違いなどからなかなか同じものを植えるのは困難だったそうです。そして、もみじなど日本の気候に合うものを植えているうちに、日本・北川村の独自性が生まれ、現在ではそれが大きく評価されているそうです。

フランスの雰囲気を漂わせながらも、日本の文化を大切にしている「モネの庭」。

日本には四季があるので、行く時々によって植物の見せる顔もさまざまなはずです。

 何回行っても全く同じものは見れないので、また必ず、違う季節違う時間帯に訪れたいと思いました。

次に行くときは、どんな景色が見れるのかとても楽しみです。 

以上、2回生岡崎でした。最後まで読んでいただき、ありがとうございます!


北川村だョ!全員集合!

2012年07月07日 01:20

6月30日土曜日 全てはここから始まる… (笑)

北川村の方へお邪魔させてもらいました(*^_^*)☆初めて♪北川村がバスを出してくれて送迎してくれました!ありがとうございます!

まずは中岡新太郎館と生家の方へ。

←え…右二人…(笑)

私勉強できないんですけど、新撰組とか戦国時代(関係ないけど)とか少し興味が元からありまして…(^v^) 

すごい真剣に学芸員さんのお話聞かせてもらいました!! 勉強になりました!!

モネの庭に移動してからランチ(^○^)美味しかったです!

そこから園内を歩き写メをたくさん撮りソフトクリームを食べ…(笑)


↑ スイレン☆綺麗やった!!

河上さんに色々みんなで質問させてもらいました。

私のくだらない質問にも丁寧にお答えいただきありがとうございました 。

朝早くからの活動でしたがとても充実していました☆

北川村初めて行きましたけど良いところですね!!

また行けるの楽しみにしています♫

2回生 S山


北川村ぜよ:-)

2012年07月10日 20:49

2012_0630 

北川村にお邪魔させてもらいました\(^o^)/

バスを出していただき市内から約1時間 半...バスから降りたら半端じゃなく綺麗な空気と自然の匂い☆.゜

私の地元もなかなか田舎ながですけどこりゃ負けたっ!!(笑)

まずは中岡慎太郎館で歴史や彼の生涯について学びました。学芸員の方が丁寧に解説してくれたので理解力の乏しい私でも理解することができました:)


高知には坂本龍馬をはじめ、こんなすごい人がおったがですね。そら誇りに思う。







午後からはモネの庭゚.+.゚(*゚▽゚*)゚.+。

ずーーーっと行ってみたかった所!なんせ私が1番好きな花、スイレンが有名!

すっっごい綺麗で感動しました///

睡蓮は午前中にしか咲かん花、と聞いて

半日しか咲かんこの限定感がいいな、なんか魅力的な花やなと思ってもっとこの花が好きになりました:)

あと、睡蓮の名前の由来も判明。

人間のサイクルで考えて、日中(開く=目覚める)夜(閉じる=眠る)というとこから

「睡眠する蓮」⇒「睡蓮」

なのだそうです *


水の庭...午後だったので残念ながら睡蓮は咲いてくれていませんでした。

でも、水面に反射する木々や空、飛び交う鳥や虫、雨によって池に波紋が起こる様子がとても綺麗でした。

午前中や晴れの日には感じれない午後、雨の時その時その時の良さがあるし

午後でも雨でも全っ然楽しめるなと思いました

モネが睡蓮や庭の絵を好んで書いた理由がなんとなくわかりました:-)

 

そしてモネの庭全体や1つ1つの花がとても綺麗な理由は園長さんや係員の方達の素晴らしい植物愛が植物達に届いているからだろうなと思いました。うふ

やはり、人に限らず、植物にも愛情を持って接するとその心は必ず相手にも伝わるんですね(*^o^*)

 

植物は人間と違って寿命が短いし、時間は限られているけれどだからこそ、その時間を精一杯の愛情を持って育てることが大切ながやなと思いました。 

私は今回北川村に行ってとてもほっこりしました **(笑)そして、たくさんのことを感じました。高知にもこんないい所があるがや!て再発見☆☆ なんか嬉しくなりました:-)

中川慎太郎館の皆さん、モネの庭の皆さん、バスの運転手さん本当にありがとうございました!!!

 次行く時も色んなこと吸収できたらえいな\(^o^)/                    

 以上2回生、北村でしたー\(^o^)


きたがわむら

2012年07月12日 00:49

6月30日、北川村にお邪魔させていただきました!

まず最初は中岡慎太郎館(^エ^)

北川村にはいったことがあったけど、中岡慎太郎館ははじめてで、、土佐の偉人はやっぱりすごい!!

けど、以外にも慎重153センチってとこにびっくり(・・。);

案内してくださった方も親切に分かりやすく説明してくれて新発見もいっぱいありました!

そして、お昼からは「モネの庭」♪

着いて暫時、お昼をいただきました。おいしかったー(。・・。)

「モネの庭」はちっちゃい頃に、2,3回訪れたことがあってその時は自分もだいぶ子どもやったき、

ひろいところやなーってだけしか思わんかったけど改めて成長して行ってみたら、自分の目線が変わっちょった◎◎

知らん花とかもいっぱいあって、自然に囲まれちょってすごい癒されました☆ミ 

本場のモネの庭とは違って、日本の味が入っちゅうということで、とてもいい感じに日本の味が出ちょって、なるほどなーって思いました。 こんなことも、ちっちゃい頃には分からんかったこと!

それと、花の手入れをしゆう方が「花は裏切らん」て言っていて、花や植物に対しての愛情がひしひしと伝わってきました!

今回再び「モネの庭」に行ってみて、1回目に来たときよりも、2回目、3回目って重ねたら新たに発見することもあったり、

季節それぞれの花が咲いちょって何回も訪れるべきやなって思いました(^o^)**                おかばやし


北川村へ~第1回フィールドワーク~

2012年07月12日 17:31

こんにちは(^o^)
先日のフィールドワークについて色々と紹介したいと思います。6/30(土)に、私たち高知県立大学文化学部生は、北川村にお邪魔させていただきました♪

市内からバスで揺られること1時間半…

まずは中岡慎太郎館へ!

大河ドラマ『龍馬伝』で、中岡慎太郎を演じた上川さんのパネルに抱きつく私の友達・・・(笑)

さらにさらに、中岡慎太郎像の前で、彼の真似をする友達・・


中岡慎太郎館の見学の後は、彼の生家も見学させていただきました。彼はとても用心深い性格で、彼が書いた手紙で残っているもの(約60通)のうち、

実名の「中岡」を使っているものはたった4通しか無いそうです(゜O゜)!

しかも、彼には「石川清之介」など、変名が3つもあったとか(゜O゜)!!

彼は当時そこまでするほど、気の抜けない日々を送っていたのでしょうか・・・

他にも中岡慎太郎について、知らないことばかりで、発見の連続。ナビゲーターの富田さんのお話や、愉快な友達のおかげで楽しい時間が過ごせました(*^o^*)

その後再びバスへ乗り込み、モネの庭へ出発!

まずはレストラン「モネの家」で、美味しいランチをいただきました。(^o^)♪

その後は園内を散策!

残念ながら水の庭の睡蓮は咲いていなかったのですが、途中で鉢に入った可愛い睡蓮の花を発見しました。


可愛いなー持って帰りたいなーなんて思いながら、しばらく睡蓮を見ていたのですが、







途中で思いついたのが、コレ

睡蓮の花を指輪の宝石にみたてて、撮ってみました(^ω^)/(笑)

今回、1番の思い出の写真です(*^ω^*)

しばらく園内を散策した後は、モネの庭の職員さんたちとの座談会。色々な質問に丁寧に答えてくださって、とてもためになりました(^^)/

北川村モネの庭では、日本の植物を所々に入れて、フランスの本家モネの庭との差異を作り出しているそうです。それがまた高い評価を受けているとのこと・・・なるほど、そうだったのか!という発見がたくさんできました(^o^) 

あっという間に大学へ戻る時間になり、再びバスへ

とても楽しい1日が過ごせて幸せでした\(*^o^*)/

家に帰ってからは北川村の方々からお土産としていただいたジュースを片手に、

両親と北川村について色々と話しました(*^_^*)



次は8月にまたみんなで北川村にお邪魔させていただきます♪今から行くのが楽しみですo(^ω^)o♪

以上、2回生 大田でした!


久しぶりの北川村でした

2012年07月13日 20:29

実は小学生くらいの時に行ったことのあるモネの庭に、大学生となった今久しぶりに行ってまいりました。

おぼろげな記憶の中にあるモネの庭よりも植物が増え、また成長していて、まるで外国に迷い込んだかのような雰囲気が

味わえました。

生憎の曇り空、時々小雨というお天気でしたが、それがまた庭の雰囲気を幻想的に見せていてとても良かったです。

写真は睡蓮が浮かぶ…はずだった池です。

雨天が続き水温が低く、この日は残念ながら一輪も咲いていませんでした。残念です。

しかしそもそも睡蓮は午前中に咲くものだそうで、午後に訪問した私たちには閉じた姿しか見ることができなかったかもしれません。

次はぜひ午前中に訪れたいものです。

食べ物が美味しいことで有名な高知ですが、モネの庭も言わずもがな。ゆずシャーベットがとても美味しかったです。

お土産にはぜひ、ゆずのふるふるゼリーをどうぞ。

 

そういえば先日、テレビ高知さんの夕方のニュース『イブニングKOCHI』でモネの庭が紹介されていました。

私たちに園内を案内してくださった庭園管理責任者の川上さんもインタビューされていて、見ているこちらが何だかドキドキしました。

そんな『イブニングKOCHI』では今週、県内観光施設で使える「龍馬パスポート」について紹介していました。

ちなみにこの「龍馬パスポート」は県内の龍馬パスポート参加施設でスタンプをもらうことで、青→赤→黒とランクアップしていく

仕組みになっています。

そしてそのランクごとに様々な特典があり、観光客には何とも嬉しい旅のお供です。

モネの庭も参加施設となっていて、特典があります。

 

 青:入園料100円引き(大人700円→600円 / 小・中学生300円→200円)

 赤:入園料200円引き(大人700円→500円 / 小・中学生300円→100円)

 黒:年間パスポートをプレゼント(一年間有効、お一人様一枚)

 

黒のパスポートが欲しいなあ…。

そしてモネの庭の前にお邪魔した中岡慎太郎館でも特典があります。

青・赤:入館料100円引き(大人500円→400円 / 小・中学生300円→200円)

黒:上記に加えオリジナルグッズ1点をプレゼント

オリジナルグッズ、気になります…。

皆さんもぜひ龍馬パスポートを活用して県内各地の魅力を発見してください。

3回生 野口


北川村訪問☆

2012年07月15日 01:41

先日、北川村にお邪魔させていただきました♪

市内からバスで約1時間半・・・まずは中岡慎太郎館と生家へ!

最初に驚いたのは慎太郎の身長! なんと153㎝!!! 私より低い!!そして20歳という若さで村政に携わっていたことにも驚きました。

私も現在20歳ですが到底無理だな・・・とつくづく感じました(ToT)

←こちらは学芸員の方に説明していただいている様子w

面白く分かりやすいお話にどんどん引き込まれていきました♪




お次はモネの庭☆

何度か行ったことがあり、今回の訪問で季節によって毎回違う景色を味わえるのがモネの庭の良さだと改めて実感!!今まではきれいな植物をみて感動しているだけでしたが、川上さんに解説していただきながら園内を散策すると様々な視点から見ることができとても勉強になりました(><)

園内はまさにモネの言葉どおりの「いつもいつも花を」という世界が広がっていました♪

次は朝一に行って睡蓮を見たいなと思いますw

北川村のみなさん、ありがとうございました。

次回訪問させていただくのが楽しみです☆

 

以上! 2回生もりもとでしたw



ぶらり北川村

2012年07月15日 19:56


この前、私は北川村に行ってました。

バスにことこと揺られながら約1時間半、北川村に到着!

まずは、中岡慎太郎館に行きました。そこでは、学芸員の方が、面白く、分かりやすく説明して下さりました。

そっから、モネの庭に♪

じゃんっ!こちらが、モネさん。笑

ランチもすごく美味しかったです。特にトマトが甘かった~。

残念ながら睡蓮は咲いてなかったけど、

モネの庭では、普段の忙しさ?から開放されて、めっちゃリラックスできました。

ちょっと遠いけど、疲れた時や気分転換したいときに、ぷらっと行きたいなぁと思うそんなお庭でした。

今度は、睡蓮が咲いている早い時間帯に行きたいと思います^^

 

2回生 棚橋


中岡慎太郎館とモネの庭 in北川村

2012年07月15日 20:14

6月30日(土)ちょうど2週間前に僕は生まれて初めて北川村を訪れました。

朝8時45分、北川村へ向けてバスで出発。だんだん田舎へと変わっていく風景を楽しみながら、そして船酔いと闘いながら(笑)、まず中岡慎太郎へ到着!

この中岡慎太郎館では、今まで深く知ることがなかった中岡慎太郎の話(石川誠之助や寺石貫夫といった偽名を使っていたことや、実は身長が153cm!だったという衝撃の新発見など笑)を聞くことができました。

こちらは去年の大河ドラマ「龍馬伝」で、中岡慎太郎を演じた上川隆也さんの記念植樹。何かものすごいオーラを感じます。


そして12時半、休憩の昼食。まさかの高級鶏肉料理(!)の登場に、内心とてもテンションが上がりました。男である僕には少し物足りない量でしたが、あまりの美味しさに文句は言えませんでした。

続いてモネの庭に入園しました。もちろん来たのは初めてで、第一印象からフランス!

という感じのする、とても綺麗な庭でした。


ところどころにフランスの画家クロード・モネが描いた絵が飾られてあり、

確かにモネがこの庭を見ていたんだと実感することができました。

 

 最後の座談会では、公園管理課長の川上さんから印象に残る話をたくさん聞くことができました。

この仕事のやりがいは?の質問に、「花は嘘をつかない」といった共感できる回答や、

花の庭の花にはまったく名札が無いのはなぜか?の質問には、「名前は二の次。名札がない方が

全体の見栄えがいい。花を見て、人がどう思うかが大事。」と独特のこだわりも教えていただきました。

 

 田舎のなかに勇ましく建つ中岡慎太郎館、美しく残るモネの庭。またぜひ誰かと一緒に訪れたいです!

北川村の皆さん、どうもありがとうございました。

2回生 鈴木雄大


第1回!フィールドワーク♪

2012年07月21日 04:05


2012年6月30日、私たち高知県立大学の学生は

北川村の「中岡慎太郎館」と「モネの庭」にお邪魔してきました(*>_<*)ノ

まずは中岡慎太郎館!!

ご覧のとおり、のどか~な大自然に囲まれております❤

館内ではマシンガントーク学芸員(笑)豊田さんのお話で、

中岡慎太郎のこと、北川村のこと、館内のこと、いろいろと興味深いことが聞けました!

慎太郎さんは大変まじめ~な人というイメージを受けました(。-ω-。)

「証拠隠滅」!って感じの人で資料もあまり残ってないようです・・・

でもそれって、これからどんどん研究していく余地があるってことですよね?!(((o(*゜▽゜*)o)))
う~ん、これからの中岡慎太郎館の行く末が楽しみです!

左:中岡慎太郎生家。日本昔話みたいでかわいい(笑)

右:ゆず畑。ゆずは北川村の名産。接ぎ木をすることによって早く実をつけさせるようです。


続いて私たちが向かったのはモネの庭です!!

お手入れされた木々草花がお出迎えしてくれます❤

外国風な癒しワールドです!


庭師さんたちがお庭にかくれんぼしてるように見えて微笑ましいです(*^^*)

一生懸命お仕事なさってるんですね!

またぜひお邪魔させていただきたいです!

 

2回生 富田



北川村@中岡慎太郎館&モネの庭

2012年07月21日 23:02


先日、フィールドワークⅤの授業で高知県北川村の「中岡慎太郎館」と「モネの庭」へいきました。

慎太郎館では学学芸員の豊田満広さんにお話を伺いました。

慎太郎がここ北川村で換金作物である「ゆず」の栽培や林業を奨励したことや、慎太郎が薩長のパイプになりその際の手紙の書き方、ここ中岡慎太郎館という施設自体がどのようなものであるかなど、他では聞くことができないだろうお話をたくさん聞かせていただきました。

慎太郎館の後はモネの庭へ行きました。

そこでは公園管理課長の川上裕さんにお話を伺うことができました。

実際に庭を回りながら、このモネの庭がもともとはゆずワイン工場をつくる予定であったことから何故モネの庭をつくるに至ったかのエピソードや、庭にある植物や庭自体の魅力などを説明していただきました。

その後自由に庭を散策してから質問をさせていただく機械ももうけてくださりました。

北川村の方々のおかげで今回全体を通してとても有意義な時間をすごすことができました!

文化 2回生 かわかみ